デコルテのセルフブライダルケア方法

デコルテのセルフブライダルケア方法についてです。

首を見れば年齢がわかると
言われますが、首から胸元にかけての
デコルテラインも年齢が出やすく
意外と人に見られている部分です。

とくにデコルテラインが強調される
ウェディングドレス姿で
キャンドルサービスを行うとなると、
椅子に座っているゲストの目線は
ちょうど花嫁のデコルテラインに
なりますので、ブライダルケアの
なかでもデコルテのケアはとても大切です。

デコルテの美しさは顔の印象を決定づ
けるので、エステのブライダルプラン
にもデコルテケアは組み込まれています。
例えばソシエのブライダルエステ
体験できたり無料カウンセリングも
あって口コミでも人気です。

普段からスキンケアを欠かさない顔と
比べるとたいていの場合
肌の色が大きく違っているので
なるべく早いうちから
デコルテのケアをしていきましょう。

デコルテの首から鎖骨にかけては
皮膚が薄くデリケートです。

でも、夏場は紫外線にさらされ、他に
は洋服の繊維などによって摩擦刺激を
受けるなど、しわやシミ、肌荒れなど
肌トラブルが起こりやすくなっています。

そして胸元のほうは汗腺や皮脂線が多
く、汗でむれたり汚れが溜まりやすく、
ニキビに悩まされている人も案外多く
います。

同じデコルテでも首・鎖骨と胸元近く
では皮膚の性質が違っているので、
その点を押さえてケアしていきます。

デコルテは顔と同じで朝と入浴後の
1日2回ケアしていきます。

使うローションなどは顔に使っている
ものと同じでよいのですが、
胸元のほうには油分の含まれている
クリームやオイルは使わないようにします。

そして紫外線対策も忘れずにしましょう。

顔とデコルテのトーンが違う場合や
くすみがちな顔やデコルテには、
くすみを改善して明るく美白する
洗顔石けんの二十年ほいっぷ
使うと効果的です。

二十年ほいっぷは、
保湿しながらくすみを消して、
透明感のある明るい肌にしてくれます。

また、デコルテ部分はリンパ管や
リンパ節が集中しているので、
リンパマッサージをする
血行がよくなり、しわやむくみ、
くすみ、そして肩こりの解消にもつながります。

お風呂上がりに、首の中心から脇の下
に向かって、5分ほどゆっくりと
マッサージをしましょう。

デコルテにニキビやニキビ痕があれば、
全身のニキビやニキビ痕を改善して
保湿しながら美白するジュエルレインがおすすめです。

そして、ハリがなくてたるんでいる
顔やデコルテには、
リフトアップクリームの ROSY
マッサージしてみてください。

デコルテの産毛やムダ毛のケア
同時に行っておくとよいです。

抑毛効果と保湿効果の高い抑毛ジェル
コントロールジェルMeで優しく軽く
マッサージすると徐々にムダ毛が薄く
なってツルピカの美しいデコルテラインになりますよ。
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

003

あわせてお読みください: