ムダ毛を処理するメリットとデメリット

夏は洋服の露出度も増えますよね。
そんな時に気になるのがムダ毛です。

ムダ毛の処理方法はいくつかありますが、
今回は、それらの処理方法のメリットと
デメリットをまとめてみましょう。

<毛抜き>
メリットは手軽に処理できることです。
毛抜きは薬局などでも手軽に安く買えます。
毛根から抜けるので綺麗に見えますし、
次の毛が生えてくるまで時間がかかります。
デメリットは、抜くときに痛いこと、
毛穴の黒ずみや炎症などの肌トラブルが起こる可能性があることです。

<カミソリ>
メリットは、こちらも簡単に処理できることです。
お風呂のときに、さっと剃るだけで後処理も簡単です。
デメリットは、肌表面に生えている毛を
剃るだけなのですぐに毛が伸びて来ることです。
肌が弱い方はカミソリ負けすることもあります。

<除毛テープ>
こちらはいっぺんにたくさんの毛を処理できることがメリットですが、
かなり痛いということと、肌にもかなりの
負担がかかることがデメリットです。
テープ負けする方は肌が真っ赤になることも多いはずです。

<脱色クリーム>
毛を染めて産毛のように見せるのがこちらのクリームです。
脱色している間は目立ちませんし、
剃るより持ちが良いのがメリットです。
デメリットは、やはりブリーチ剤ですので
肌への負担が大きいことです。
また、着色しているだけで、
毛はありますからよく見れば目立ちます。

<抑毛ジェル・ローション>
徐々に毛を薄くしていくのが抑毛製品です。
長期的なケアになりますが、
今までに挙げた自己処理方法の中では、
一番肌に負担がかからない方法です。

しかし、デメリットは即効性がないことです。
1〜2ヶ月は継続しなければ効果がありません。

<脱毛エステやクリニックでの脱毛>
メリットは脱毛の痛みが少ないこと、
肌トラブルも事前カウンセリングを
しっかり行うことにより少なくなる
脱毛効果が高いことが挙げられます。
デメリットはやはり自宅での自己処理よりも費用がかかること、
何度も通わないと行けないことでしょう。

このように、それぞれの方法に
メリット・デメリットはあります。
また、ムダ毛処理自体が、
そもそも肌に非常に負担をかけます。
ムダ毛は見た目こそ綺麗ではありませんが、
肌を守るために大切な役割をしています。
ムダ毛処理によって毛穴がぽっかりと開くと、
汚れが入りやすくなりそれが
紫外線に当たると黒ずみになります。

このように、本来必要な毛を取り除こうとするのですから、
肌に不具合は生じやすいのは間違いありません。

ただ、その不具合を最小限にするには、
除毛や脱毛後の保湿ケアを徹底することです。
また、ハサミでムダ毛をカットするという手もあります。
綺麗に処理することはできませんが、
肌を傷つけないと言う意味ではこういった方法もあります。

★上記の中で子供や10代までのムダ毛処理の方法として
最もおすすめなのが抑毛ジェルの
コントロールジェルMeです。
保湿しながら黒ずみも美白して
少しずつ毛を薄く細くしてくれます。
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

20才以上でしたら、脱毛サロンの
ミュゼプラチナムで半永久脱毛をしてもらうのが良いです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

黒ずまないように美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼの口コミ

あわせてお読みください: