ムダ毛を脱色するメリットとデメリット

ムダ毛用の脱色剤は、
ヘアカラーやヘアブリーチ剤と同じ様な使い方で、
気になるムダ毛部分に脱色剤を塗布し、
用法通りに放置したら脱色が完了する手軽なものです。

見た目はムダ毛が金髪のようになり、目立たなくなります。

ムダ毛を脱色する場合のメリットは、
抜いたり剃ったりするときの様な
痛みが一切ないことです。
また、脱色剤は安価ですし、
ドラッグストアなどで手軽に入手できる点も
メリットに挙げられます。

デメリットは、
やはり肌トラブルが一番に挙げられます。
ヘアブリーチ剤などでかぶれやすい方は、
ムダ毛用の脱色剤もかぶれると考えられます。

脱色剤は、除毛クリームよりも強い薬剤のため、
肌に負担がかかりやすいのです。

また、ムダ毛を脱色しているだけなので、
毛が少なくなったわけでも
細くなったわけでもありません。

光の加減でムダ毛だとわかる場合もあります。
肌表面の見えている部分の毛だけを脱色しているので、
時間とともに再び黒い毛で伸びてきます。

そうなると、金髪と黒色部分とが混在した、
奇妙な余計に目立つムダ毛になってしまいます。
そのため、日常的に脱色しなければならず、
ますます肌への負担が増します。

また、ヘアカラーでも毛の多い方や
毛の太い方はうまく染まりませんよね。

ムダ毛の脱色剤も同様で、
毛の太い方などは脱色効果自体が弱い
ということも有り得るようですよ。

肌トラブルが出やすく、
効果も個人差の大きい脱色剤を検討される場合は、
太ももの裏などの目立たない場所でパッチテストを行い、
自分の肌や毛の質に合っているかを
必ず確認してから気になる
ムダ毛部分に使用するようにしましょう。

私も以前、腕のムダ毛を脱色したことがありますが
たくさんの毛が金色に輝いて・・変でしたし
「なんで腕の毛だけ金髪なの?そしてフサフサだね」と
妙な顔で笑われた苦い体験があります。
その上、かぶれてしまったというおまけつきです・・

それから二度と脱色していないです^^;

★敏感肌でアトピーの私にとって
今、一番安心してムダ毛処理ができる方法
コントロールジェルMeでの抑毛です。
バージョンアップして新しくなって
NewコントロールジェルMeとなって
パワーアップしていますよ。
NewコントロールジェルMeでつるピカ美肌
保湿しながら黒ずみも美白して
少しずつ毛を薄く細くしてくれるのがいいのです。
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

あわせてお読みください: