抑毛ジェルと除毛クリームの違い

今回は抑毛ジェルと除毛クリームの違いを
詳しく説明します。

まず、ジェルやクリームの違いは
白っぽさが残るのがクリーム
さっと馴染み、素早く浸透し、
白浮きしにくいのがジェルです。
これは基剤の違い、つまり
使用感の違いと浸透性の違いです。

そしてポイントは、「抑毛」と「除毛」の意味と違いです。
そして抑毛には何故「ジェル」が良いのか、
除毛剤には何故「クリーム」が多いのか
合わせて解説しましょう。

抑毛とは、毛の成長を抑制して、
徐々に毛の再生するスピードを遅くしていき、
毛を細くしていくことです。
パイナップル酵素やイソフラボン
毛のタンパク質を分解する作用があるので、
それらを配合した抑毛ローションを塗布することで、
毛の成長を妨げ、毛を細く抜けやすくする効果があります。
ムダ毛ケアにはパイナップル豆乳ローション

また抑毛剤の基剤は、
クリーム剤よりも肌への浸透性が高いので、
ジェルやローションタイプが多いのも特徴です。
除毛クリームのように洗い流す必要はなく
お風呂上がりに塗布するだけ
簡単に自宅でケアできるのもメリットです。

除毛とは、出ているムダ毛だけを処理することです。
脱毛との違いは、
脱毛は「毛根から毛を抜く」ということになりますが、
除毛は、皮膚の表面に伸びている毛だけを
除毛剤で溶かして処理する
という方法になります。

ですからクリーム剤をたっぷり塗布した状態で
しばらく放置することが
毛を溶かす時間になるわけです。
だから除毛にはクリーム剤が多いのですね。

また、除毛の場合は表面の処理をしただけですので、
処理後は剃るよりも断然つるつる肌になりますが、
すぐにまた毛が伸びて来ます。

しかも、除毛クリームは、
クリームを塗ってしばらく時間をおいて
毛を溶かしたら、洗い流す手間がかかります。
また、きっちり洗い流さなければ、
かぶれる可能性があるのがデメリットです。

また、抑毛と除毛は、脱毛と比較すると、
肌を痛めにくい特徴があります。

また脱毛のように痛みを伴わないという
メリットがありますね。
しかし、敏感肌の方は、除毛クリームや
抑毛ジェルでかぶれる場合があります。
また、顔には使用できないというデメリットがあります。

このように、抑毛ジェルと除毛クリームは
似ているようで、意味と使用方法や手間など、
意外と違う点がたくさんあるのですよ。

★除毛クリームは、敏感肌の方は
肌荒れしやすいので使いにくいのですが
その中でも、肌荒れしにくいと
評価が高いのがEpiSara(エピサラ)です。
【EpiSara(エピサラ)】

★敏感肌や子供でも安心な
抑毛ジェルの中で最も効果が高くて人気なのは
保湿しながら黒ずみも美白して
少しずつ毛を薄く細くしてくれる
コントロールジェルMeです。
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

あわせてお読みください: