豆乳ローションのメリットとデメリット

豆乳ローションのメリットとデメリットについてです。

脱毛について調べていると、
豆乳ローションについてもよくお話を聞きますよね。

豆乳ローションとは脱毛に関して
どういった効果があるのでしょうか?

まず豆乳ローションとは、市販でも売っていますが、
自分で作ることもできます。

豆乳をお鍋であたためかき混ぜ、
そこにレモン汁と消毒用アルコールを加えると、
お豆腐のかたまりのようなものがブツブツとでてきます。
それを布で濾したらできあがりです。簡単ですよね。
分量など詳しくはこちらの記事をどうぞ。
豆乳ローションを使ったムダ毛改善方法

そこで豆乳ローションは脱毛とどう関係があるかというと、

豆乳ローションにはイソフラボンという
女性ホルモンと同じような成分が入っています。
それを肌につけることにより、
毛が生えてくるのを遅らせることができるのです。

ですから豆乳ローションのメリットとしては、
今生えている毛は細くなったり、
抜けたりはしませんが、
生えかわった次の毛は細くなって生えてくるのです。
また、次の毛が生えてくるのが遅くなったりもします

しかも豆乳とレモンの成分には美肌効果もあり、
お肌のキメがより細かくなったりもするのです。

脱毛にはダメージはつきものでしたが、
豆乳ローションはダメージが少なく
ムダ毛を薄くすることができるのです。
これはとてもうれしいですね。

ただ豆乳ローションのデメリットとして
作る時に入れるエタノールで刺激が強いので
肌荒れしやすいので注意が必要です。
量を減らしたり工夫してください。
特に敏感肌の場合は気をつけてください。

その他のデメリットとしては
豆乳ローションでは、ムダ毛を薄くする、
生えてくるのを遅くすることはできても、
毛を完全になくすことはできません。
限りなく産毛になるので自然で良いと言えば良いです。

また使うのをやめてしまうと
だんだん効果が薄くなってしまいます。
使用しなくなっても抑毛効果を持続したい場合には
女性ホルモンが増える生活習慣にするといいです。
女性ホルモンを補う方法

それから、効果には個人差があり、
実感するまでには時間がかかるということも
ネックなのかもしれません。

しかし、私も豆乳ローションをつかったことがありますが、
お肌につけてもさっぱりしていますし、
これでムダ毛が薄くなるなら一石二鳥です。ぜひおススメします。
豆乳ローションで評価が高いのは次のふたつです。
こちらは元祖の方の製品です。
公式サイト→Dr.Takahama ネオ豆乳ローション

こちらはパイナップルも加わって
強力になっていて人気です。
公式サイト→鈴木ハーブ研究所【パイナップル豆乳ローション】

★なお顔のムダ毛処理に使う場合
敏感肌や子供には、豆乳ローションだと
刺激が強すぎるので保湿効果が強い
抑毛ジェルのコントロールジェルMeを使うほうがいいです。
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!
*保湿力が強い天然ハーブがメイン成分です。
豆乳ローションでは効果が少なかった方も
使う方が多いです。

★もし20才以上でしたら、脱毛サロンの
ミュゼプラチナムで半永久脱毛をしてもらうと
豆乳ローションを塗る手間も省けるので良いです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

黒ずまないように美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼの口コミ

あわせてお読みください: