顔の産毛を薄くしたり脱毛する方法

顔の産毛を薄くしたり脱毛する方法についてです。

化粧のノリが悪くなり、くすんだりする
原因の一つが、顔の『産毛』。

最近は、ツルツルお肌になるための
専用シェーバーもたくさん発売されています。
香港などでは、昔から『綿面』という、
糸を顔に滑らせ、古い角質とともに
産毛を絡め取る方法まであります。

そもそも顔の産毛は剃っても良いのでしょうか?
答えは、剃っても大丈夫です。

もともと産毛の役割は、寒気、ホコリ、風からの保護です。

現代においては、スキンケアで
肌の強化や保護されており、
洋服や帽子などのおかげで
特に重要な役割があるわけではありません。

顔の産毛が多く濃く目立つようであれば、
見た目にも無い方が良いかもしれません。

もちろん、とらなければいけないものではありません。

しかし剃る場合も、毎日行ったりするのではなく、
だいたい一週間に一度くらいが良いでしょう。

産毛を剃るということは
一緒に肌の角質もはがしやすく、
ターンオーバーが乱れやすいので、
ひりひりしたりするときは、
お休みしてください。

あと、剃った後は紫外線にも負けやすくなりますので
日焼けに注意してください。

また、保湿を忘れずにきちんと行いましょう。

産毛が薄くなったらいいなという方には、
抑毛というのもあります。
大豆製品に含まれる大豆イソフラボンが
女性ホルモンに似た働きがあり、
男性ホルモンを抑制して、
体毛を薄く、細くするという抑毛効果があるといわれています。
主な大豆製品は、豆乳や豆腐、納豆などがあります。

抑毛効果が高い抑毛ジェルの中では
★子供や敏感肌でも顔に直接塗っても大丈夫な
大豆エキスや天然の保湿成分が入っている
コントロールジェルMe保湿しながら黒ずみも美白して
少しずつ毛を薄く細くしてくれるので人気です。

美肌にも良いのでツルツル、ピカピカお肌になれちゃいます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

20才以上でしたら、脱毛サロンの
ミュゼプラチナムで半永久脱毛をしてもらうのも良いです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

黒ずまないように美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼの口コミ

あわせてお読みください: