顔ワックス脱毛のメリットとデメリット

顔の産毛が気になって、処理したいと思っても、
顔はデリケートな部分ですし、
万が一、失敗した場合には傷となって
跡が残ってしまうのではないかと
心配も多いですよね。

今回は顔脱毛にはどんな方法があるのか、
そして、特に顔のワックス脱毛について
メリットとデメリットをまとめてみました。

まず、顔脱毛は、自己処理と
プロに任せる方法の大きく2種類に分けられます。

1つ目はレーザーや光脱毛による顔脱毛です。
この方法は、プロのいるクリニックや
エステサロンに行かねばなりませんので
綺麗になりますが時間と費用がかかります。

2つ目は、カミソリ、毛抜き、
電気シェーバーなどの方法による顔脱毛です。
こちらは自宅で出来る自己処理方法ですので
手軽でコストもかかりませんが皮膚を傷めやすいですし、
肌表面の毛を剃るだけなので頻繁なお手入れが必要です。

ワックス脱毛は、
1つ目と2つ目の方法のちょうど中間です。
ドラッグストアなどでワックスを
購入して自宅で処理することもできますし、
エステサロンでワックス脱毛の
メニューがあるところもあります。

つまり自分でも脱毛できるほどの手軽さで、
コストも抑えられる点がメリットです。
また、自己処理が心配な場合は
サロンでの施術もあると言う点も
大きなメリットですね。

また、古い角質まで毛と同時に剥がせるので、
毛穴や肌がきれいになり
ワントーン明るい肌が期待出来ます。

毛根から処理できるので
カミソリのように頻繁なお手入れがいらず、
次に生えてくる毛のサイクルを送らせることができます。

さらに、サロンの光脱毛では産毛には
反応しにくいデメリットがありますが、
そういった心配がなく、ワックスで
産毛をまとめて処理できるところもメリットです。

反対にデメリットは、
広範囲をいっぺんに処理するので痛みを伴うことです。

ワックスを剥がす際に肌への負担があり、
赤みが出ることもありますから
しっかりクールダウンし、
その後保湿ケアを十分に行う必要があります。

敏感肌の場合にはワックスを剥がすときの刺激や
かぶれる可能性があります。そして
ワックス剤自体の刺激が強く感じられる場合があります。

このように手軽で安い顔ワックス脱毛ですが、
メリットとデメリットを考慮して自分に合うか検討してから
脱毛を行いましょう。

★個人的には敏感肌なのでワックスでは
かぶれてしまうので、顔の脱毛には
保湿しながら黒ずみも美白して
少しずつ毛を薄く細くしてくれる
コントロールジェルMeが気に入っています。
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

20才以上でしたら、脱毛サロンの
ミュゼプラチナムで顔も半永久脱毛をしてもらうのも良いです。
黒ずまないように美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼの口コミ

あわせてお読みください: