鼻の下の毛を処理するとなんだか青くなる?

鼻の下の毛を処理するとなんだか
青くなってしまうということはありませんか?

青くなってしまう理由は、鼻の下のムダ毛を処理することで、
肌の透明感が強くなってしまっているからです。

鼻の下の皮膚は他の箇所の皮膚に比べて薄いのです。
ムダ毛を「剃る」「抜く」といった方法で処理すると、
きちんと専用クリームなどを使っていたとしても、
どうしても肌を傷つけてしまいます。

そのため、もともと薄い鼻の下の皮膚が
さらに薄くなり、透明感が強くなります。

透明感が強くなることで皮膚の下にある
太い毛根が見え、それが皮膚と重なり、
結果的に青く見えてしまうのです。
色白の肌の方の場合、皮膚が薄いぶん、
特に青く見えてしまうことがあります。

では、どうすればこの青くなってしまうのを
治すことができるのかについて説明します。
具体的な改善策として、3点挙げてみます。

1.メイクの仕方を見直してみましょう。
濃く、白いメイクは、毛根を見えやすくするため、
青く見えやすい原因となります。
黄色系の薄めのメイクを心がけることで、
青く見えるのが目立たなくなるでしょう。

ムダ毛の処理の方法も見直し、
バランスのよい食事を心がけましょう。
そうすることで、徐々に皮膚は丈夫になり、
毛根も細くなっていきます。
その結果、鼻の下が青く見えてしまうという
悩みもなくなるでしょう。

ただ、丈夫な皮膚にするには根気も必要です。
メイクで青く見えるのを目立たない工夫をしながら、
健康で丈夫な皮膚を目指しましょう。

2.バランスよく食事をとりましょう。

健康で丈夫な皮膚を目指すためにも
バランスが良い食事が大事です。

男性ホルモンが増えると毛根が太くなり
その結果、皮膚が薄くなくても青く見えやすくなってしまいます。
大豆製品に含まれるイソフラボンには、
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあるとされています。
豆腐や納豆、豆乳などイソフラボンが多く含まれているものを
普段の食事の中で意識してとるようにしましょう。
nattou

また、胃腸や子宮が弱っているときにも皮膚は弱くなっています。
丈夫な皮膚を作る基礎となるのはやはり食事です。
無理なダイエットなどをすることなく、
バランスよい食事をとりましょう。

3.ムダ毛の処理の方法を見直してみましょう。

剃ることによってムダ毛を処理するときには、
剃りすぎないことが重要です。

繰り返し同じ場所を剃ったり、頻繁に剃ったりすると、
皮膚はますます薄くなってしまいます。

さらに、繰り返し剃ることで毛根は太くなりやすいのです。
青く見えてしまうのは、太い毛根と皮膚とが
重なって見えているからでしたよね。
したがって、剃りすぎないことが重要なのです。
多くても2週間に1回くらいまでにしたほうがいいです。

抜くと青くなりやすいので抜くのはやめましょう。

鼻の下が青くならないようにムダ毛を薄くする方法では
顔の敏感な部分でも安心して使える抑毛ジェル
コントロールジェルMeが鼻の下でも
安心して使えて効果的です。1日2回塗るだけです。
保湿しながら美白もして
少しずつ毛を薄く細くしてくれて
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

★なお20才以上でしたら、鼻の下も
脱毛サロンで半永久脱毛してもらうのもいいです。
評価が高く人気なのはミュゼプラチナムです。
まずは無料カウンセリングで相談してみるといいです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

青くなったり黒ずまないように
美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。
全国150店舗あります。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼの口コミ

あわせてお読みください: