女子なのに鼻の下が青というか緑色!ヒゲをなくす脱毛方法は?

女子なのに鼻の下が青というか緑色!ヒゲをなくす脱毛方法は?

『小さな頃から毛深い方だった』

『大人になって、ちゃんと処理するようになったけど、鼻の下が青くなってしまう』

女性でも鼻の下のうぶ毛が濃くて、気になって悩んでいる人はいます。

気になるあまり、必死になって剃りすぎて肌を傷めてしまう事も。

また、隠そうとしてコンシーラーなどを重ね塗りすると、鼻の下のだけ厚化粧になり悪目立ちしてしまいます。

女性の青ヒゲには、どういった原因があるのでしょうか。

ー女性の青ヒゲの原因ー

青ヒゲの原因には、外的要因と内的要因があります。

始めに外的要因からお話します。

①どんなにカミソリで上手に深剃りしても、毛穴にはムダ毛が残ることです。

例え、うぶ毛でも毛根付近の毛は太く濃いので、毛穴に残った根本の濃い部分が皮膚に透けて青く見えます。

②うぶ毛が暗く、黒く見えることです。

うぶ毛が生えていると、光の反射が弱くなって、その部分が暗い感じになります。

うぶ毛がある・なしで顔全体の明るさも変わってきます。

特に口元(鼻の下)は、鼻の影ができるので暗く影になりやすい部分です。

③剃ったり抜いたりすると色素沈着して毛穴が黒ずむ原因になることです。

化粧ノリを良くするために、ヒゲ(うぶ毛)を剃ったり抜いたりする女性は多いですが、剃ったり抜いたりすることも実は青ヒゲの原因となるのです。

剃ったり抜いたりすると毛穴が傷みます。

傷んだ毛穴が治るときに黒く色素沈着を起こすので、鼻の下のうぶ毛の処理を繰り返すうちに青くなったり黒ずんでしまうのです。

つまり、青ヒゲ対策でうぶ毛を剃ったり抜いたりすることは逆効果ということになります。

続いては、内的要因です。

内的要因はズバリ、「ホルモンバランスの乱れ」です。

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが乱れると、体毛が濃くなる傾向にあります。

ホルモンバランスが乱れる原因は、いくつかあります。

①ストレスによるホルモンバランスの乱れです。

過度のストレスを受けると、ホルモンバランスが大きく乱れ、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増えてしまいます。

すると、全身の体毛(ムダ毛)が濃くなってきて、鼻下などの産毛が目立つようになるのです。

ストレスの原因は、仕事、育児、対人関係など様々です。

ストレスを感じたら、なるべく溜め込まないで発散するようにしましょう。

②睡眠不足によるホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが崩れる最も大きな原因になるのは睡眠不足です。

睡眠不足になると脳が正常に働かず、正しい指令を出せないため必要なホルモンが、バランス良く分泌されなくなります。

睡眠時間は最低でも6時間は確保しましょう。

また、眠りが浅くて寝た気がしない、途中で何度か目が覚めるなど、睡眠の質に問題がある場合も同じ様にホルモンが正しく分泌されなくなります。

良質の睡眠を促すポイントは、

●就寝の2時間前以降は食事を避けましょう。

寝酒やホットミルクなども、なるべく就寝1時間前までに済ませてください。

●就寝1時間前には脳と身体をリラックスさせましょう。

入浴・ストレッチ・リラクゼーション効果のある音楽を聴くなどが有効です。

就寝1時間前はスマホやパソコンの使用を避けましょう。

液晶画面のブルーライトは目に悪く、眠りを妨げると言われています。

③不規則な食生活によるホルモンバランスの乱れです。

食生活が不規則でバランスが悪いと、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌のバランスが狂う原因となります。

インスタント食品やジャンクフードばかり食べていたり、甘いものやカフェインの強いものの食べ過ぎにも気をつけましょう。

そして急激なダイエットをすると女性ホルモンの分泌が低下してしまい、生理が止まる恐れも出てきます。

そうなると体毛が濃くなるという問題だけではなく、健康面で深刻な問題になりますので、食事を抜くといった無茶なダイエットは止めましょう。

④喫煙は、ホルモンバランスが男性化に傾きます。

タバコはダイレクトに女性ホルモンの分泌を減少させることがわかっています。

なので女性にとってタバコは百害あって一利無しと言われているのです。

しかし、喫煙者である場合、タバコを辞める事によってストレスが生じるのであれば、すぐに禁煙するのではなく、1日に吸う本数を減らすことから始めましょう。

そして徐々に減らしていき、最終的に禁煙を目指す方が良いでしょう。

自分の力で辞められそうにないなら、病院の禁煙外来を受診するのもひとつの手段です。

女性にとって、うぶ毛が濃くなるだけでなく肌の状態も悪くなりますから、美容のためにも最終的に禁煙する方向で考えた方が良いと思います。

⑤更年期による女性ホルモンの減少です。

更年期を迎えると女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が減少し、男子ホルモンの影響を強く受けることになります。

男性ホルモンは発毛を促す毛母細胞や皮脂腺に多大な影響を与えるため、更年期に入った女性は体毛が濃くなる傾向があります。

そのため、これまで産毛だった口周り(鼻の下)の毛が濃くなってしまうのです。

更年期に入った女性はエストロゲンと似た働きをする食品を積極的に摂取する事で体毛が濃くなる傾向を改善できます。

女性ホルモンと似た働きを持つ成分は大豆イソフラボンです。

豆腐・納豆・きなこ・黒豆・大豆といった植物性イソフラボンを積極的に食べるようにしましょう。

以上、外的要因と内的要因についてお話しました。

うぶ毛を剃ったり抜いたりすることは今すぐ止められるので傷んだ毛穴は徐々に回復するでしょう。

けれどホルモンバランスの乱れを整えるには数週間~数ヵ月かかります。

そこですぐに始められる「うぶ毛を薄くしていくクリーム」をご紹介します。

ーうぶ毛を薄くする『NOISU(ノイス)』ー

NOISUは、毛を薄くする作用のある女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンに着目したクリームです。

NOISUクリームを塗ると、毛根に直接イソフラボンの作用が届くので使い続けると、うぶ毛が細く薄くなっていきます。

そして、うぶ毛を薄くするだけでなく、肌のキメも整えるので毛穴が目立たなくなり、鼻の下の青みが改善されると口コミでも話題なのです。

NOISU公式サイトには詳しい情報が載っています。

安心して見ていただけるので、この機会に是非、NOISU公式サイトをご覧ください。

NOISU(ノイス)の口コミ効果を評価!女性のヒゲ(産毛)対策の噂は本当?

rU

あわせてお読みください: