顏のうぶ毛をどのように処理?

顏のうぶ毛をどのように
処理されているでしょうか?

顔用の電気シェーバーや女性用のカミソリで
剃って処理をする方も多いですよね。

顔のうぶ毛の処理方法についてですが、
もっとも良い方法は、ずばり何もしないことです!

では、なぜ顔のうぶ毛をそのままにして
何もしないのが良いのでしょう。
その理由は大きく2つ挙げられます。

1.顔のうぶ毛には重要な役割があるから。
→何の理由もなく毛が生えているわけではありません。
うぶ毛があることで、風やほこり、
寒さなどから顔を守ることができているのです。

2.肌に余計な負担をかけずにすむから。
→剃るなどの処理をすることによって少なからず、
肌に負担をかけることになるのです。

顔のうぶ毛が薄い方や自分でそれほど
気にならないという方は何もしないことをおすすめします。

でも、やはり気になるから
なんとかしたいという方もおられますよね。
それに、あまり濃いと肌がなんとなく黒ずんで
疲れたような顔に見えてしまうということもあります。

そこで、どうしても顔のうぶ毛を
処理したいという方のために、その方法を説明します。

一般的な顔のうぶ毛の処理の方法は「剃る」ことです。

「剃る」方法としては大きく2つに分けることができます。
1.カミソリを使う。
2.電気シェーバーを使う。

まず、カミソリを使う方法について説明します。
カミソリは女性用のものを準備しましょう。
そして専用のクリームを顔にたっぷり塗ってから、
毛の流れに沿って優しくカミソリを動かしましょう。

もし、専用クリームがない場合は、
無添加の石鹸をよく泡立て、
その泡を顔につけることによって
代用することもできます。

面倒だからといって、何も塗らずに
カミソリで剃ることは絶対にやめてください。

また、同じ場所を繰り返し剃ることがないようにしましょう。
カミソリで、何も塗らずに剃ったり、
同じ場所を繰り返し剃ったりすると、
うぶ毛だけでなく、肌に負担をかけ、
角質までも傷つけてしまう恐れがあるからです。

肌の角質が傷つくと、うるおい成分が流れだし、
少しずつ肌が劣化していってしまうのです。

次に、電気シェーバーを使う方法について説明します。
電気シェーバーは顔用のものを準備しましょう。

あとは、説明書をよく読んで使えば大丈夫です。
電気シェーバーの場合は、
基本的にクリームなどを塗る必要がないので、
とてもお手軽ですね。

カミソリを使う場合も電気シェーバーを使う場合も
処理をした後に注意することがあります。
注意点は大きく2つです。

1.十分に保湿をする。
2.紫外線を浴びないようにする。

保湿は無添加の化粧水やクリームなどで
しっかりおこないましょう。

紫外線は外に出ると避けることは難しいので、
できれば夜のお風呂の前やお風呂に入ったときに
処理するのがおすすめです。

あとは、女性は生理のときに
処理をするのは避けたいですね。
普段は大丈夫でも生理のときには
肌が敏感になっているので、
余計な刺激を与えないようにするのが無難です。

ここまで一般的な顔のうぶ毛の処理の方法である
「剃る」という方法を説明してきました。

ただ、「剃る」という処理の方法は、
いくらクリームなどで保護したとしても
肌を傷つけてしまいます。
ですので、剃ることで処理をする場合には、
できるだけ2週間以上の間隔をあけるようにしましょう。

うぶ毛をとることができるパックなども
売られていますが刺激が強すぎるものが多く、
おすすめはできません。

顔のうぶ毛の処理の方法として、肌が丈夫な方
「剃る」こと以外に「豆乳ローションを使う」
という方法もあります。
豆乳ローションを顔につけるときの注意点
自分の肌質で大丈夫そうでしたら試してみてください。
パッチテストをしてからが安心です。

乾燥肌や敏感肌や子供の場合は
豆乳ローションを顔に使うのは
かぶれやすくなるのでやめたほうがいいです。
では、何が良いかというと
コントロールジェルMeという抑毛ジェルを
使うといいです。
公式サイト→敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!

コントロールジェルMeは天然ハーブの
保湿成分がメインなので保湿しながら
ムダ毛を細く薄くしてくれるからです。
抑毛効果と保湿効果があります。

急いでいるときは電気シェーバーなどで剃った後に
顔の保湿クリームの代わりに
コントロールジェルmeを塗り続ける
次第に細く薄くなってだんだん剃らなくて
よくなるから便利です。
controljelme2

顔だけでなく脇や腕や脚やその他の体毛も
少しずつ薄くしてツルツルに導きます。
ムダ毛処理と同時に保湿もできるので人気です。
レビュー記事→コントロールジェルmeの口コミ
豆乳ローションで効果がなかった方も
使う方が多いです。

*関連記事*
顔脱毛の方法とメリットとデメリット

小鼻の黒ずみの原因にムダ毛の可能性

顔の産毛を剃り続けたら濃くなりますか?

あわせてお読みください: