ケノンは妊娠中や授乳中に使っても大丈夫?

ケノンは妊娠中や授乳中に使っても大丈夫?

妊娠中は、様々なホルモンバランスの変化により、女性の身体の目に見える範囲だけでも驚くような変化が次々と起こります。

シミやソバカスが増える方、白髪が増える方、つわりなどのストレスで急激に顔がやつれてしまう方など、三者三様です。

その中でも特に顕著なのが、体毛が濃くなるという変化です。

専業主婦の方でも気にされてしまうでしょうが、出産のギリギリまで働きたい、という方にしてみれば、腕毛が生えたまま勤めに出ることが嫌だ、と思われる方もいらっしゃるでしょう。

家庭用フラッシュ脱毛器の雄にして、通販サイト各社において圧倒的な人気を誇るケノンを、妊娠中や授乳期に使用することは可能なのでしょうか。

使用した場合の影響等について調べてみました。

ケノンの注意書きを参照すると、妊娠中の方や授乳中の方への使用は控えるように、という指示が示されています。

身体の一部(デリケートゾーンのIライン、Oライン)を除いて、ほとんどの部位に使用可能と謳っているケノンが使用を控えるように注意喚起するということは、よっぽど悪影響を及ぼすのだろうか・・・と心配になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ケノンが使用を控えるよう指示している理由は、悪影響のためではないのです。

ケノンが照射する特殊な光、IPLを使った脱毛は、レーザーやニードルなどと比較すると、お肌への刺激は格段に抑えられており、その点がIPLの利点でもあるのですが、妊娠中および授乳期の女性のお肌というものは刺激に対して非常に敏感になっているため、IPLですら推奨できない、という理由によるものなのです。

赤ちゃんへの直接的な悪影響があるわけではありません。

その点においてはご安心いただきたいのですが、ただ、妊娠中に強い刺激を受けると、身体が反応してお腹が張ってしまう、という現象が起きます。

お腹が張っている間、赤ちゃんは身動きが取れなくなるために、妊婦さんは直ぐに身体を休めなければなりません。

お腹が張ってもなお脱毛を続けてしまうと、直接的な悪影響はないとはいえ、間接的に赤ちゃんに影響を与えてしまうことは免れません。

また、妊娠中のホルモンバランスの変化は非常に劇的であり、痛みが少ないからとフラッシュ脱毛を行っても、効果が薄く、すぐに新たな体毛が顔を出す可能性もあります。

そのため、通常よりも痛みを強く感じてしまう上に、あまり効果の感じられない妊娠中や授乳期にはケノンを使用しないようにするのが望ましいでしょう。

美しいひとであり続けることは、重要なことであるかもしれません。

しかし、一生のうち多くはない、赤ちゃんを育て上げるために身体が引き起こす変化を、おおらかな気持ちで日一日と見守ってみてはいかがでしょうか。
ケノンで美白も可能?

出産も授乳も終わってお肌が過敏な時期が終わって落ち着いてから、ケノンを使うのが安心です。

公式サイト↓
脱毛器ケノン

u

あわせてお読みください: