ムダ毛を剃った後に黒ずんでしまった経験

ムダ毛を剃った後に黒ずんでしまった経験はないでしょうか。
特に、顔や脇の下などの黒ずみが気になる方が多いようです。

そもそも、ムダ毛を剃った後に黒ずむ理由はというと、
メラニン色素が沈着してしまうからです。

メラニン色素は刺激によって作られます。
ムダ毛を剃るという行為は、
肌にとっては少なからず刺激を与えます。
その刺激によってメラニン色素が沈着
黒ずんでしまうのです。

したがって、肌を傷つける、刺激を与えるような、
ムダ毛の処理の仕方をしないことが大切です。

ちなみに日焼けによって肌が黒くなるのも同じ仕組みです。
紫外線という刺激を肌が受けることによって、
メラニン色素が作られ、黒くなるのです。

夏の日焼けの黒さが冬になっても
そのままという方はあまり見かけませんよね。
同じようにムダ毛を剃った後にできたしまった黒ずみも、
少しずつ薄くなっていくので安心してくださいね。
気長に美しい白い肌に戻していきましょう。

美しい白い肌(美白)にしていくと言われても、
具体的に何をどうすればいいいかわからないという方も
多いのではないでしょうか。

そこで、美白への道として3つの視点で説明します。

1.ムダ毛の処理の方法を見直しましょう
ムダ毛の処理方法として「剃る」というのは一般的ですが、
肌への刺激が強い処理方法です。
剃る以外にもムダ毛を処理する方法はありますので、
できるかぎり肌への負担や刺激が少ない方法
試してみることをおすすめします。
ムダ毛を少しでも薄くする方法

2.紫外線から肌を守りましょう。
紫外線も肌にとって大きな刺激です。
一年を通して紫外線はふりそそいでいます。
外に出るときには日傘や帽子を使うようにしましょう。

日焼け止めも効果的ですが
できるだけ肌への負担が
少ないものを選ぶようにしましょう。

石鹸でも落とすことができるような
紫外線吸収剤が無添加の日焼け止めがおすすめです。

また、日焼け止めを使ったときには、
必ずしっかりと洗い流してください。
日焼け止めの成分が肌に残っていると、
肌荒れやしみ、そばかすの原因となってしまいます。

具体的な無添加の日焼け止めや
紫外線について詳しくはこちらをどうぞ。
紫外線の種類と日焼け止めの指標

3.バランスのよい食事を心がけましょう。
活性酸素を除去することは美白肌にとって大切です。
なぜなら紫外線を浴びた肌の表面では活性酸素が発生し、
それがもとで日焼けをし、しみやそばかすにもつながるからです。

したがって、抗酸化作用のある食材
積極的に食べるようにしましょう。
おすすめの食材はずばりトマトです。
004
トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があります。
さらに、生で食べることでビタミンCもとることができます。
このビタミンCにも抗酸化作用があるのです。

その他にも、βカロチンやビタミンB2なども美白に役立ちますし、
L-システインも美白効果があるとして注目されています。

旬の食材を中心に、さまざまな食材を
バランスよく食べるようにしましょう。
もっと詳しくはこちらの記事をどうぞ。
美白によい食べ物と美白方法

以上の3点に気をつけることで、
美しい白い肌へと近づきますよ。

最初から黒ずまないムダ毛処理の方法としては
保湿しながら黒ずみも美白して
少しずつ毛を薄く細くしてくれる
コントロールジェルMeを使うと良いです。
子供から敏感肌の大人まで安心して使えます。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

20才以上でしたら、脱毛サロンの
ミュゼプラチナムで半永久脱毛をしてもらうのも良いです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

黒ずまないように美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼの口コミ

あわせてお読みください: