脇のムダ毛処理後の効果的なケアと黒ずんだ時の対処法

脇のムダ毛処理後の効果的なケアと黒ずんだ時の対処法についてです。

薄着になる季節が近づくと、ムダ毛の処理も念入りにするという人も少なくないでしょう。
脇のムダ毛処理後にきちんとケアをしないと、黒ずむと言われています。
そこで、脇のムダ毛処理後のケア法を紹介します。

まず剃った場合です。
カミソリ負けをしてしまった場合は、冷たい濡れタオルで脇を冷やしてから、消炎作用のある軟膏などを塗りましょう。
カミソリ負けをしていない場合は、アフターローションを湿布し、その後、化粧水と乳液でケアをしましょう。

次に抜いた場合です。
ムダ毛を抜いたら、すぐに冷たい濡れタオルなどで冷やしましょう。
その後、肌が落ち着いたところで消毒液をコットンなどにふくませたものを脇にあてましょう。
続いて、殺菌効果のある化粧水でケアをします。
ムダ毛を抜いた後は毛穴が開いている状態なので、特に注意が必要です。

最後に溶かした場合です。
薬剤は、規定の時間になったら、しっかりと流しましょう。
ぬるま湯など肌に刺激の少ない温度で済み隅々まで流し、ダメージを減らしましょう。
きちんと流せたら、保湿クリームなどでケアをします。
この時、スクラブ入りやフルーツ酸系など、刺激のあるものは避けて、肌に優しいものを使いましょう。

それでもかぶれやすいので、アトピーや子供など皮膚が弱い方は、避けた方が良いです。

まずは黒ずみにならないように、肌荒れしないムダ毛の処理を行うことが大切です。

◆もし、脇に黒ずみができてしまった時は、外側からのケアだけでなく、内側からのケアも大切です。

ビタミンCを含む野菜や果物を意識して摂るといいです。
そしてバランスが良い食事がやはり大事です。

黒ずみが解消するまでは、剃ったり抜いたり溶かしたりという普通のムダ毛処理は控えた方がいいです。

脇の無駄毛処理でやはり一番安心なのは、プロに任せて脱毛することです。

例えば脱毛エステサロンのミュゼプラチナムは、格安で脇脱毛をしてくれます。
その上、施術後は、美白効果があるプラセンタのミルクローションを塗ってくれますよ。
ミュゼ脱毛施術後のプラセンタミルクローションでも美白になる?

脱毛サロンに行く時間がない方は、自宅で同じように光脱毛が可能なケノンを使うと良いです。
家庭用脱毛器ケノンの人気の秘密

なお、どの無駄毛処理でも保湿クリームを忘れずに塗ることですが、保湿クリームの代わりに保湿効果が高い抑毛ジェルのコントロールジェルmeを塗ると、さらに効果的で安心です。

塗る内に少しずつ剛毛を薄く細くしてくれるので処理する回数が減ってきてツルスベになっていくからです。

コントロールジェルmeだけでも、だんだん薄く細くなるので妊娠中や授乳中や子供やアトピーなど皮膚が弱くて他の脱毛など無駄毛処理ができない人にも助かる無駄毛処理アイテムです。
美白効果もあるので黒ずみにくいのも人気です。

私も使っていますが脇だけでなくVIOラインや顔や手足など全身の無駄毛が気になる場所に使えるのも気に入っています。

ふだんから肌荒れしなくて黒ずむ心配がない抑毛剤のコントロールジェルMEを使うといいです。
NewコントロールジェルMeを3週間使った効果

黒ずみが濃い場合は、その後、脇の黒ずみ専用ジェルのピューレパールを使うと薄くなっていきます。
ピューレパールの口コミと効果
お肌に優しく脇の黒ずみを解消に導く!と人気なのがピューレパールだからです。

保湿しながら美白するので肌荒れの心配がないです。
無添加なのもピューレパールが人気の秘密です。

ピューレパール公式サイト↓
Pule Pearl

あわせてお読みください: