LA VIE(ラ・ヴィ)の特徴と他の脱毛器との違いは?

最近は家庭でできる脱毛器が人気ですよね。
今回は人気機種LA VIE(ラ・ヴィ)の特徴と
他の脱毛器との違いをまとめました。

ラ・ヴィの特徴は、
脱毛サロンと同じ、IPL光脱毛方式
4連射で痛みがなく肌にやさしい
ワイドな照射面積
ワンショットのコストは0.21円!
肌を認識すると自動で脱毛するオートモード機能!
消音できるミュート機能!
持ち手は軽量の180gで携帯電話と同程度の重量!
30日間の返金保証制度
安心の日本製

さらに、
全身脱毛用カートリッジ、
指などを脱毛できるスリムカートリッジ
美顔用カートリッジの3種類のカートリッジがあります。

ラヴィと他の脱毛器との違い

では、次に
ラヴィと他の脱毛器との違いをまとめましょう!
ここで比較するのは人気の5大家庭用脱毛器の
ラヴィ、ラヴィ・ドゥ、ケノン、センスエピ、トリアプラスです。

(人気の5大家庭用脱毛器で比較!)

照射方式はトリアプラスだけ
レーザー方式であとはIPL光脱毛方式です。

照射面積はケノン>ラビィ=ラヴィ・ドゥ>センスエピ>トリアプラスですので
ケノンが一番効率が良いですね。
レビュー記事→家庭用脱毛器ケノンの効果と口コミ

1ショットあたりのコストは
センスエピだけが7円とズバ抜けて高く、
あとの4機種はほぼ同じ0.2円台です。

効率良く連射できるのはラビィとケノンだけになっています。

出力で比較した脱毛効果が高い機種は
ラビィのみ(ケノンは出力が非公開)
ハンディタイプは、ラビィ・ドゥと
トリアプラスのみだか出力は弱い

美顔機能もセットである機種は、
ラヴィ、ラヴィ・ドゥ、ケノンのみになっています。

最後に価格ですが、
高価格順にケノン>ラヴィ>トリアプラス>ラビィ・ドゥ=センスエピ
となっています。

これらを総合し、
脱毛効果、操作性、価格で検討すると
ラビィ、ラビィ・ドゥ、ケノン
コストパフォーマンスが良いと言えますね。

あとは、ハンディタイプかどうか、
持ち手のカタチ、価格など
収納面やデザイン、自分が使う時の持ちやすさなど、
個人の好みになってきますね!

ラビィは、日本製で効率良く連射できて
美顔器にもなって高性能ですが
比較的買いやすい価格なのが魅力です。
もっと詳しくはどんな感じか
公式サイトでチェックして
みてください。
公式サイト→LAVIE

<追記>それでどれが好きなの?と聞かれるのですが
私個人的には、効率的なのが好きなので
ケノンが一番気に入っていますよ。
レビュー記事→家庭用脱毛器ケノンの効果と口コミ

あわせてお読みください: