妊娠中でも使える抑毛剤で良いのは何?

妊娠中でも使える抑毛剤で良いのは何?

妊娠中はホルモンバランスの影響を受けやすく、毛が増えたり、濃くなったり感じる方が多いと思います。

特にお腹周りや、乳輪周りが濃くなりびっくりする方もいます。

隠れている部分なので剃ったりする方はあまりいないと思いますが、夏は腕や脚などを露出しますので、いくら妊娠中とは言え、ケアをしたいですよね。

ですが、妊娠中ともなると、スキンケアに対しても、投薬に関しても、食べ物に関しても普段よりも気を付けるようになります。

頻繁にムダ毛の自己処理をしていた方も控えた方が良いのか悩みますよね。

妊娠中は、脱毛や除毛剤は使わない方が良いので抑毛剤を使用する事をおすすめします。

抑毛剤は除毛剤と違って、毛が生える周期を遅らせ、徐々に薄くしていくものです。

妊娠前から使用している方もいると思います。

抑毛剤は薬品ではなく、スキンケア用品なので赤ちゃんに悪い影響を与える事はないと思います。
ですが、抑毛剤の中には、香りがきついものもあり、妊娠中でその香りが受け付けなくなる事もあります。

つわりの時期は気持ち悪くなって嘔吐してしまう事もあるので、無臭のものを使うと良いでしょう。

ホルモンバランスの乱れから、お肌の敏感な時期なので、今まで使用していたものが合わなくなる可能性があり、かゆみや赤味、湿疹などが出たりする事もあります。

抑毛剤は、乾燥をケアしながら薄くする事ができるものが多いです。

他の脱毛方法よりも肌へのダメージがなく、安心して使う事ができます。

また、抑毛剤は天然の成分で作られているものが多く、毎日使う事ができますので、妊娠中でお肌が敏感な時でも使えます。

すぐに効果が出ませんが徐々に毛を柔らかく、細くしていきます。

そこで私がおすすめする抑毛剤があります。

「コントロールジェルME」です。
コントロールジェルMEの体験!50日目の効果

ムダ毛対策化粧品で22年の実績があります。

バージョンアップし続け、8回目のバージョンアップに成功しました。

天然植物成分が主原料でお肌にダメージがなく、毎日使えますし、無香料です。

お風呂上がりにジェルを塗るだけで、約4~6週間で簡単にお肌をツルピカに導きます

実感できたら、3日に1回のお手入れで大丈夫です。

大手ボディケアサロンでも採用しているので、効果抜群です。

毛の流れに逆らってコントロールジェルMEを塗り、すり込んだり、たたく必要がありません。

使い始めは朝、晩と塗り、カミソリで処理してからでも使用できます。

コントロールジェルMEは合成界面活性剤、人工ジェル化剤、人工着色料が無添加なので妊娠中でも安心安全です。

是非妊娠中でもこちらを試してみて下さい。

コントロールジェルMEは、ストレスなくケアする事ができます。

公式サイト↓


us

あわせてお読みください: