思わず抱きしめたくなるツルすべ肌になる方法!

思わず抱きしめたくなるツルすべ肌になる方法!

多くの女性が憧れる、つるつる肌を目指すために、キレイにムダ毛処理をすることをオススメします。

しかしムダ毛処理を自己処理で行うと、肌を傷めることもあります。

そこで、つるつる肌になるために大切なムダ毛処理3つのポイントを紹介します。

1つ目は、ムダ毛処理の事前ケアをすることです。

ムダ毛処理をするときは、どのような方法で行う場合でも、処理前の事前ケアが大切です。

ムダ毛処理は、肌が健康な状態の時にすることとし、毛抜きで処理する場合は蒸しタオルで温め毛穴を広げ、カミソリで処理する場合や脱毛をする場合は、ローションを使うなど肌に直接ダメージを与えないようにしてから処理すると良いです。

2つ目は、肌のダメージを減らすことです。

ムダ毛処理をするときに極力肌に負担をかけないようにすることが、つるつる肌を目指すうえで大切です。

毛抜きを使って無理やり抜いたり、脱毛ワックスや除毛ローションを使うことで、肌荒れをし、炎症を起こすことがあります。

カミソリで処理する方も多いかもしれませんが、カミソリ負けをしたり、肌にダメージを与えることもあります。

肌のダメージも蓄積されると、肌荒れして表面がならかではなくなり、ボコボコになったり、黒ずみの原因にもなります。

治すために時間がかかりますし、肌荒れの跡が残ることもあります。

頻繁にムダ毛処理をしたいかもしれませんが、自己処理の頻度を少なくすることで、肌の負担は少なくなります。

肌にダメージを与えない処理が、見た目も肌触りもキレイで、つるつる肌になる近道かもしれませんね。

3つ目は、ムダ毛処理の後のケアについてです。

ムダ毛処理をした後のアフターケアは、とても重要です。

ムダ毛処理は、肌への負担を抑えていても、やはり「ゼロ」というわけにはいきません。

どうしても肌は傷つきます。

肌は炎症を起こし、赤みが発生してしまうので、炎症を抑え、赤みが出ないようにするためにも、ムダ毛処理のあとは「冷やすこと」と「保湿すること」を行ってください。

ムダ毛処理した後に、冷やして保湿をすると、肌へのダメージを与える時に失われる肌の保護膜が補えますよ。

仮に炎症を起こしていても、冷やして保湿することで、傷や赤みの回復が早くなるので、必ず行ってくださいね。

ムダ毛処理を行うと、一見つるつる肌になれたように感じてしまいますが、処理後のケアをすることで、本当の「つるつる肌」を目指せます。

また自己処理をする際、電気シェーバーが肌への負担が少なくて良いですね。

他にも家庭用脱毛器も、つるつる肌への近道となるのでオススメです。

自分では難しそう、面倒、肌への負担は少なく且つ確実にムダ毛を減らしたいと、お考えの方は脱毛サロンが良いかと思います。

処理後のアフターケアをしっかり行い、つるつる肌を目指しましょう。

◆自宅で手軽にエステ並みの脱毛や美顔を好きな時間にしたいときは、家庭用脱毛器で一番人気のケノンを使うといいです。

脱毛だけでなく美顔機能も充実していて、ツルスベお肌にどんどん近づきますよ。
ケノンで美白も可能?

さらに顔や脇、手足や背中だけでなくVラインなどデリケートな部分の脱毛にも使える!と口コミ評価も高いのがケノンです。
公式サイト↓
脱毛器ケノン

u

あわせてお読みください: