Vライン、Iライン、OラインのVIO脱毛法は?

デリケートゾーンの脱毛では
暗号みたいにVライン、Iライン、Oラインとか
呼ばれていますね。
最初は何のことかな?と思いましたよ。

Vラインとはビキニラインのことです。
つまり前から見たデリケートゾーンです。
自分で見ることが可能なので
自己処理が比較的簡単な場所です。

しかしデリケートな場所なので
十分に注意して刺激が少ない方法で
ムダ毛の脱毛をしましょう。

Vラインのお手入れ方法については
こちらの記事も参考にどうぞ。
ビキニライン(Vライン)の脱毛方法

Iラインとは、陰部の両側の部分です。
自分では見えにくいので鏡などを
使ってチェックするといいですが
難しいのでムダ毛や黒ずみ、かぶれ
臭いやムレなど起こりやすいので
注意が必要な場所です。

Oラインとは、肛門の周りです。
日本の女性は、ここはムダ毛がない場合が
多いので、なければ処理しなくていいです。
しかし、もしムダ毛が生えている場合は
しっかり綺麗に脱毛したほうがいいです。

Vライン、Iライン、Oラインの
ムダ毛を脱毛することをVIO脱毛と呼ばれています。

VIO脱毛は、自分で処理するときは
毛抜きで抜いたりワックス(特に油性ワックス)脱毛は
しないほうがいいです。
うまくいかないと埋もれ毛(埋没毛)に
なりやすいですしかぶれやすいからです。

例外で肌が丈夫な方でかぶれにくい場合は
水性ワックスで自然素材を使った
ANGELICAのブラジリアンワックスを
使うのもいいです。比較的お肌に優しいです。
公式サイト→ANGELICAのブラジリアンワックス
定期的に処理する必要はあります。

VIO脱毛を、自分で処理する方法の中で
敏感肌でも10代でも最も安心できるのは
抑毛効果があって保湿効果もある
コントロールジェルMeです。
保湿しながら少しずつムダ毛を
薄くするので評価が高いです。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

かぶれずに自然に産毛になります。
電気シェーバー等で処理した後にコントロールジェルMeを
塗って保湿しながら抑毛していくと急ぐ時には便利です。

自己処理が難しい場合や、I、Oラインが
剛毛の場合は、脱毛クリニックや
脱毛エステ(サロン)に頼る

スッキリ綺麗になります。

脱毛クリニックで
全国展開をしていて良心的な価格
評価も高く人気なのが湘南美容外科です。
まず、無料カウンセリングで相談するといいです。
公式サイト→湘南美容外科の脱毛

あるいは、脱毛サロンで全国149カ所以上にあって
V、I、Oラインの脱毛でも
脇脱毛でも評価が高いのはミュゼプラチナムです。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼプラチナムの料金は安い?
ミュゼプラチナムの脱毛方法は
ジェルと光の相乗効果での減毛や除毛
目的とした先進のSSC脱毛(smooth skin cotrol脱毛)ですし
トリートメントジェルにはプラセンタエキス
含まれるので美白や美肌や潤いが期待できますから
敏感肌でも大丈夫なケースが多いです。
まずは無料カウンセリングで相談するといいです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

VIOラインもきれいに脱毛して
安心して水着になりたいですね。
mizugi

*関連記事*
IOラインの脱毛方法

あわせてお読みください: