Vラインのムダ毛の処理方法について

Vラインのムダ毛の処理方法について説明します。

夏になると水着を着る機会も出てきて、
Vライン、いわゆるビキニラインのお手入れが
大切になってきますよね。
また、普段からスポーツクラブ等で水着を着るという方も
多いのではないでしょうか。

自宅で自分でできる体のムダ毛の処理方法は、
大きく5つ挙げられます。

1.カミソリや電気シェーバーで剃る
2.毛抜きやワックスで抜く
3.除毛クリームを塗る
4.豆乳ローションや抑毛ジェルを塗る
5.家庭用脱毛器を使用する

また、自宅以外で処理する方法として、
脱毛クリニックでの永久脱毛、脱毛サロンでの半永久脱毛が
挙げられます。

Vラインは非常にデリケートですので、
これらの体のムダ毛の処理方法すべての方法が
Vラインでも大丈夫というわけではありません。

上記の中でVラインのムダ毛の処理として考えられるのは、
5つでしょう。

1.カミソリや電気シェーバーで剃る
2.豆乳ローションや抑毛ジェルを塗る
3.家庭用脱毛器を使用する
4.脱毛クリニックで永久脱毛する(20歳以上)
5.脱毛サロンで半永久脱毛する(20歳以上)

では、それぞれの処理方法の利点と欠点をみていきます。

1.カミソリや電気シェーバーで剃る
 利点:自宅で簡単にすぐ処理ができます。
 欠点:剃り方が下手だと、仕上がりが汚くなる上、
    肌が傷つきます。さらに、剃ってもまたすぐに生えてきて
    しまします。
     →無添加クリーム等をたくさん塗り、毛の向きにそって、
      優しく剃るようにしましょう。
      また、剃った後には保湿を十分にすることが大切です。

2.豆乳ローションや抑毛ジェルを塗る
 利点:自宅で毎日塗るだけで自然にムダ毛が薄くなり、
    手軽です。
     →敏感肌の方や子どもには豆乳ローションよりもより肌に優しい
      コントロールジェルMeがおすすめです。
レビュー記事→コントロールジェルMeの口コミ
 欠点:ムダ毛が気にならなくなるまでには、毎日塗り続けたとしても、
    かなりの期間が必要です。
     →すぐに水着になる必要があるときなどは間に合いませんので
剃ったあとに保湿剤の代わりに塗り続けるとだんだん剃らなくてよくなります。
公式サイト→小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

3.家庭用脱毛器を使用する
 利点:脱毛サロンレベルで全身のムダ毛の処理が自宅でできます。
 欠点:脱毛サロンでプロが処理するのとは違い、素人がするので、
    きれいに脱毛できるようになるまでにはかなり練習が必要です。
     →さまざまな家庭用脱毛器の中で特にケノンは人気があります。
レビュー記事→家庭用脱毛器のケノンで簡単脱毛

4.脱毛クリニックで永久脱毛する
 利点:医療用レーザーを用いるのできれいな状態がずっと続きます。
 欠点:脱毛の際に多少痛みを感じます。また、料金が高額なことは大きいですね。
    さらに、上手な脱毛クリニックを見つけるのも難しいです。
    まだ成長期である10代には向かない処理方法です。
     →湘南美容外科は全国展開している人気の高いクリニックです。
レビュー記事→湘南美容外科クリニック(SBC)の永久脱毛の口コミ

5.脱毛サロンで半永久脱毛する
 利点:プロが脱毛するのできれいに仕上がります。
    また、脱毛クリニックと比較して、痛みがなく、料金も手頃で、
    全国展開しているサロンも多いです。
 欠点:うぶ毛までは処理できません。また、脱毛クリニックと同様に、
    上手な脱毛サロンがなかなか見つからない場合も多く、10代も
    まだ成長期であるという理由で向きません。
     →肌へのダメージを考えると、うぶ毛は残しておいたほうがよいという
      意見もあります。また、ミュゼプラチナムは評価が高い人気がある
      脱毛サロンです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

黒ずまないように美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。
レビュー記事→脱毛サロンのミュゼの口コミ

以上、Vラインのムダ毛の処理方法、さらに、それぞれの利点と欠点を
まとめました。
自分にあった処理方法をして、自信をもって水着を着ましょう。

あわせてお読みください: